タイヤの基礎知識

トレッドの意味

タイヤは用途によって様々なパターンがあり、それぞれに意味があります。

主なパターンの役割としては下記の4つがあげられます。


●タイヤの駆動力・制動力 ●排水効果
●操縦性・安定性の向上 ●摩耗抑制(ロングライフ)

 

リブ系パターン 一般車などに使用されるパターンで、主に下記のような特徴があります。

  • 操縦性・安定性が良く横滑りに強い。
  • 転がり抵抗が少なく乗り心地が良い。(ブロックの連続化によりエネルギーロスが少ないため)
  • 偏摩耗が少ない。(ブロックの連続化により負荷が少ないため)
  • 排水効果が大きい。(溝がサイドまでつながっているため)
スリック系パターン ロードタイヤ・MTB街乗りタイヤなどに使用されるパターンで、主に下記のような特徴があります。

  • 転がり抵抗が少ない。(コンパウンドのよれがなくエネルギーロスが少ないため)
  • グリップ力が高い。(接地面が大きいため
  • 制動力が高い。(接地面が大きいため)
  • 操縦性・安定性が良い。
ブロック型パターン MTBタイヤに仕様されるパターンで、主に下記のような特徴があります。

  • オフロードでの駆動力・制動力が高い。
  • オフロードでのグリップ力が高く、操縦性・安定性が良い。
  • 積雪、泥路面用として多く使用される(排出効果が高いため)

 

他に、上記の3パターンをミックスさせた別パターンもあります。
例えば、街乗りMTBタイヤ「ブリロ」などは、 センターは連続させた“リブパターン”を採用し、ショルダーには“ブロックパターン”を採用し、オン/オフを兼用できるパターンになっています。トレッド パターンはそのタイヤの性能が最も表れる部分であり、その一つひとつの形状に意味とこだわりが込められています。


page-top