タイヤの基礎知識

タイヤの構造

タイヤは様々なパーツによって構成されており、それぞれに意味があります。

タイヤの基礎知識|タイヤの構造

トレッド 路面と接触する部分の厚いゴムの層を指します。このゴム層は、路面からの衝撃・外傷から内部(カーカス・チューブなど)を保護すると共に、駆動・制動・摩耗・操縦性能などの役割を果たします。
※タイヤの種類により、各種のトレッドパターンがあります。
ショルダー トレッドの肩部のゴム層を指します。トレッド同様、内部(カーカス・チューブなど)を保護すると共に、コーナリング時のグリップ性能などの役割を果たします。
サイドウォール タイヤ側面の層を指します。タイヤの種類により“ゴムサイド”や“オープンサイド”の仕様があり、内部を保護すると共に、乗り心地性能などの役割を果たします。
※タイヤのサイズ、空気圧などが表示されています。
ビード ビードワイヤー(硬銅線)を束ね、ゴムで皮膜したリング状の補強部を指します。また、ケブラー(アラミド繊維)を束ねた軽量・折り畳み可能な仕様もあり、内圧を充填したタイヤをリムに固定する役割を果たします。
カーカス(スダレ) ゴムで皮膜したタイヤコード(ナイロン)を貼り合わせ層にしたものを指します。※タイヤの種類により、タイヤコードの太さ・打ち込み本数・角度は異なります。

 

上記パーツを組み合わせることによって、一つのタイヤが完成します。


page-top