OTHERS

IRCオリジナルチューブレスタイヤ専用タイヤレバー

IRCオリジナルチューブレスタイヤ専用タイヤレバー



ROAD/MTBチューブレスタイヤ専用のタイヤレバー。レバー両端がそれぞれ取り外しと取り付けの専用設計。

 

※嵌合時はリムおよびタイヤビート部分に石けん水を塗布することを強くおすすめします。チューブにキズが付くので、チューブタイプタイヤには使用しないでください。

 

SPECIFICATION
IRC No. サイズ 材 質
99095Y -

ポリアセタール

チューブレスタイヤの取扱方法(IRCオリジナルチューブレスタイヤ専用タイヤレバー使用)
注意点タイヤ取り付けの際はレバーの取り付け側を、 取り外しの際はレバーの取り外し側をご使用ください。

組み付け(1)最初にリム、ビード部を中性洗剤等の石鹸水を塗布してください。塗布後、一方のビードをバルブの 反対側付近よりリム底にはめ込んでいき(図1)、最後にバルブ付近をはめ込みます(図2)。
※リムフィットが完全でない場合、ビード部分からエア漏れを起こします。

組み付け(2)もう一方のビードをバルブの反対側付近よりはめ込んでいき(図3)、手ではめられる所まではめ込みます。

組み付け(3)タイヤレバー(取り付け側)をリムとビードの間に差し込み、端をリムに引っ掛けます。
レバーを引き上げ、ビードをはめ込みます(図4)。
全てのビードをはめ込むまで、同様の作業を数回繰り返し行ってください。

組み付け(4)両サイドともリムラインがリムに沿って均一に現れるよう、確認しながら空気を入れます(図5・6)。 600kpaくらいまで空気を充填してもリムラインが出ない場合は、一度空気を抜き、タイヤとリムを 均一にフィットさせてからサイド空気を充填してください。最後にタイヤ内圧を適正値に調整し、 ご使用ください。

空気漏れのチェックリムフィットが完全でない場合、ビード部分からエア漏れを起こします。 エア漏れを起こしている場合は(図7)のように石鹸水の泡が出てきます。 その場合は一旦、エアを抜き、両ビードを落としてから再度リム、 ビード部分に十分に石鹸水を塗布して頂き、エアを充填してください。 その後改めて空気漏れチェックを行ってください。 (図8)のようにリムの中でビードがきちんとフィットしていないとエア漏れとなります。 きちんとリムフィットさせるためにも必ず石鹸水をご使用頂き、リムフィットしてください。

空気漏れ時の修正の仕方リムとタイヤの境界部分に石鹸水を吹きかけ、空気の漏れがないかを確認してください。 空気が漏れている場合は、漏れている箇所から泡が発生します。 その場合は次の手順でやり直して下さい。 両方のビードを外して浮かし、すき間に石鹸水を吹きかけてから再度組み付けてください(図9)。 空気を充填し、再度泡が出ないことを確認してから、ご使用ください。 リムフィットが完了しましたら、きれいな布等で石鹸水を十分ふき取ってください。

はずす(1)まずタイヤの空気を抜き、両側のビードを落としていきます。(図10)
※両側のビードを落として頂いた方が容易です。
尚、MTB用は片側のビードのみを落として頂いた方が容易です。

はずす(2)バルブを中心に約15cm 程度の間隔をあけて、タイヤレバー(取り外し側)を2 本挿入します(図11)。
2本のレバーを同時に手前に引き下ろし、ビードを外します(図12)。

はずす(3)一箇所ビードが外れたらレバーを取り外し、バルブ付近から落とした側のビードをリムから外します。(図13)
もう一方のビードも同様にリムから外します。

page-top