FAQ よくあるご質問

Formula PRO

空気が漏れているようですが。

新品の場合、製品のナイロン繊維内に含まれる残留エアが押出され、エア漏れに似た症状が出る場合がありますが、品質には影響ありません。
その後もエア漏れが止まらない場合は、⇒ 石鹸水を塗布し、エアが抜けている部位を特定してください。
バルブから漏れている場合⇒緩みの確認、シールゴムの確認をしてください。
リムとタイヤの境界部分から空気がもれている場合⇒リムフィットが完全でない場合にビード部分よりエア漏れを起こします。
※リムラインが均一に出ていてもリムフィットが完全でない場合があります。
その場合は一旦、エアを抜き、両ビードを落としてから再度リム、ビード部分に十分に石鹸水を塗布して頂き、エアを充填してください。その後改めて空気漏れチェックを行ってください。
きちんとリムフィットさせるためにも必ず石鹸水をご使用頂き、リムフィットしてください。(※石鹸水塗布後は完全にふき取ってください。)
※TUBELESSタイヤの取り扱いについて【ROADタイヤ】のページをご参考ください。

タイヤは嵌ったが空気が入らない。

バルブ台座をどちらかのビードが跨いでいないかご確認下さい。
さらにリムとタイヤ(ビード部)が全周に渡って接触するよう、調整してください。この際石鹸水を塗布すると作業が容易になります。
※出荷時の梱包形態によるクセが組付け作業に多少影響する場合がありますが、性能には問題はありません。

取り扱い説明書、及び取り付け方法の動画を見ても組みつけが困難である。

・バルブ付近のビードを親指の腹部を使って強く押しビードを落とします。
・両側共ビードを落とします。
・最初に落とした方のビードから外すと比較的作業が容易です。

以上でも組みつけが出来ない場合は専門店で作業してもらうことをお勧めします。またチューブレス専用タイヤレバーを発売いたします。外出先の緊急用として是非こちらもご携帯されることをお勧めいたします。


パンク修理はできますか?

修理は可能です。
穴のあいている箇所を探して頂き、一旦タイヤを外して頂き、タイヤの裏側から穴のあいている箇所にチューブ修理用パッチを貼り付けて穴をふさいでください。再度タイヤを組みつけて頂き、ご使用頂けます。 作業要領はチューブのパンク修理と同様です。ご不明な場合はお近くの自転車店等にお問合せ下さい。 ケーシング、ナイロンコードに達する傷の場合、危険ですのでご使用にならないで下さい。

タイヤのトレッドに小さいへこみのようなものがあいていますが、これは何でしょうか?

トレッド全周で6箇所あり、タイヤ磨耗の目安のためにつけております。

タイヤ保管で何か気をつける点がありますか?

シリコン系のケミカル剤、ワックス等がタイヤ表面に付着しますと早期にタイヤクラックが入ったり、タイヤ劣化を促進してしまいますので絶対に使用しないでください。
またご購入後は梱包を解き、ストレスの無い形態で保管されることをお勧めします。


page-top